Browsing: SEXに費やす時間

なぜ、セフレとの出会いを求めている人が増えているの?

それは単純に、自分が幸せになりたいと考えた結果だと思うんですよね。例えば多くの女性にとって、一昔前までなら、誰か素敵な人と出会って結婚をすることが幸せになるための方法だといわれていました。結婚しているかしていないか、それは、幸せになるためのステータスだったのです。また、誰か素敵な人と出会って結婚ができたということは、要するに自分が持つ女としての価値が認めてもらえたという満足感ももちろんあったでしょう。

そして、いまでも結婚したいと望む人は大勢いるわけですが、男女ともに、結婚をすることの喜びとして考えられる要素には、やはり、愛する異性に認めてもらえる喜びというものがあると思います。もちろんそれは大きな喜びではあるのですが、さいきんでは少し価値観が変わってきて、結婚することが必ずしも幸せにつながるとは限らないというふうに考える人も増えてきているようです。

結婚生活って、本当にストレスが多いんですよね。やっぱり、家族ではない赤の他人とずっと生活し続けることって、ものすごい我慢を強いられるんです。結婚生活にずっと喜びを見出し続けることが難しいと分かると、結婚生活というものにあこがれを抱く人自体が減っているという状況も、間違いなくあります。

中高生の頃は結婚というものに対して漠然とした憧れを持っている女性でも、だんだんと年を重ねていろいろなことが分かってくると、大人になってから、結婚というものに対してそれほど憧れを抱かなくなるというケースがあるのも聞いたことがあります。

確かに、結婚したからといって必ずしも幸せになれるわけではないというのは事実です。もしも、結婚しただけで幸せになれるというのであれば、離婚する人がいるという事態について説明がつかないでしょう。しかも、日本の離婚率というものは世界的に見ても高いものなのです。まあ、いわゆる先進国の離婚率はどこもだいたい高いのですが。

結婚をするかしないかというのはもちろん個人の自由です。昔は経済力の問題から、女はとにかく結婚しなければ生活ができない、老後が心配だなんて言われたこともありましたが、いまでは、女性の社会進出が特に珍しいものではなくなって、本人が望めば、結婚後も仕事を続けることも昔ほどは難しくありません。まあ、パワハラに関連して、結婚したら仕事を辞めるのが当たり前、というかさっさとやめてくれというふうに圧力をかけられてしまうというような話もまれに聞きますが。

結婚したからといって幸せになれるかどうかは分からない、あくまでその選択は個人の自由だということで、昔よりも価値観に縛られず生きることができるようになったということ自体はいいのですが、しかしながら、人間の性欲というものが基本的に消えてなくなるということはありません。

結婚していてもしていなくても、誰だってセックスはしたいのです。これは本当に本能的な欲求なので、押さえることができないのは当たり前のことなのです。だからみんな、結婚していなくてもセフレとの関係は持つわけですよね。出会い系サイトというものが普及してから、大人になってからでも割と出会いのチャンスの拡大というものを実感できる人が増えて、セフレの募集もやりやすくなりました。

【出会系アプリ おすすめなら】

{ Comments are closed }

素敵な恋を実現するのに顔は関係ないって本当ですか?

正直、外見的なことは人間の魅力の本質とは関係がないという意見はよく聞くのですが、私はそんな話、嘘だと思っています。結局、特に異性と恋愛をする場合においては、外見の問題というのは男女ともに非常に重要で、顔がいい男はモテるし、美人だったら多少バカでも(むしろ多少は馬鹿に思われたくらいのほうが)沢山の男たちからちやほやされるみたいです。

そういう現実を私は今まで嫌というほど味わっているので、正直、人間の価値は外見とは関係ないとかいう話を聞くとイライラします。もうみんなわかっていると思うのですが、そんな話はきれいごとです。くどいようですが、男女の恋愛において見た目の問題というものは非常に重要で、単純に顔が良い男女はもうそれだけで異性に好かれる傾向があります。

だって、人間は中身が重要だって言われても、初対面の時には人間の中身なんてわからないでしょう。結局人間の第一印象というのは、見た目だけで決まってしまうんですよ。もちろん、中身まで良ければモテるのは当然ですが、顔で気に入られた人間というのは、例えば性格が多少は悪くても、なぜか目をつぶってもらえるようなことが多いと思うんですよね。

それに、これも私が実際に過去に知り合った男の話ですが、顔がいい人間というのは基本的に、自分に自信をもっていることが多くて(本当にナルシストでムカつく男もいます!)自分に自信を持っているということは同時に、心にも余裕があるということで、言動が基本的に穏やかで、性格がすごくよく見えてしまうということが多いです。

なんだかイケメンに対してものすごくディスっているような気がしますが、私にはイケメンに関するいい思い出というのがあまりないのです。私は正直に言って、外見的にあまり美人ではない女なので、男性から(特にイケメンから)ちやほやされたという経験がなく、もちろん素敵な恋愛とかも経験したためしがないので、よけいに「顔さえよければ異性にモテる」という人たちのことがムカつくのかもしれません。

イケメンから好かれる場合なら、イケメンに対して反感を持つということもありえないのでしょうが、私のように、いくら出会い系サイトを利用してもなかなか素敵な出会いのチャンスに恵まれないという人の場合は、イケメンのことを想像するだけでコンプレックスが刺激されてしまうんですよ。だから、冗談でも何でもなくて、イケメンのことがあまり好きになれないからこそ、これだけぼろくそにディすることができるんですよね。

それで、こうやってイケメンのことをディスっていると、この女は性格が悪いと思われて(実際に私の性格は悪いんですけど)余計にモテなくなるという悪循環です。

【まだ利用してない人必見!選ばれる出会いアプリ 無料】

{ Comments are closed }

セックスしまくりたくて出会い系サイトを利用し始めましたが……

正直なところ、その目標が達成できているとはいいがたいです。出会い系サイトを利用し始めてそろそろ半年になろうとしていますが、出会い系サイトを利用し始めた当初に想像していたよりもずっと、出会い系サイトを利用していてもうまくいかないことって多いんだなということをしみじみと考えています。

私はもともと、セフレとの出会いを求めてセフレサイトを利用し始めました。ぶっちゃけた話、出会い系サイトを利用するのでなくても、セフレとの出会いを実現できるのであればほかの方法でもよかったんです。でも結局のところ、セフレとの出会いを求めているのだったら出会い系サイトを利用するのが一番いい方法だというのが、素人の目から見ても明らかだったので(少なくともサイトの利用を始めたばかりの頃はそのように考えていました)あまり迷うことなく出会い系サイトを利用し始めました。

男女の出会いを求める方法としては、そのほかにもお見合いをするとか、コンパ系のイベントに参加するとか、いろいろな方法があるということは分かっていましたが、どのよう方を選ぶにしろ、私が目標としていた「セフレとの出会いを求める」ためには向かないかなというふうに判断して、出会い系サイトを利用するやり方に集中したのです。

出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めていますといったら、おそらく「なぜセフレなんかを募集しているのか?」というふうに私を非難する人だっていると思うのです。正直なところ、出会い系サイトを利用してどのような出会いを求めるかということについては、完全に個人の自由であるはずなので、私が出会い系サイトを利用してどのような出会いを求めるのかということについても放っておいてほしいです。

でも確かに、セフレという男女関係は特殊ですし、そういう男女の関係についてあまりいいイメージを持たない人だって多いということは私にだって理解できます。単純に考えれば、いくら「セフレの関係」として割り切ったお付き合いをしているつもりのパートナーであっても、その人にほかの男がいるという話を聞かされればなんとなく腹が立つ……要はそういうことなのです。

誰かを好きになると、どうしてもその人のことを独り占めにしたいとか、その人には自分のことだけを見ていてほしいとかいうふうに思う気持ちが強くなります。こういう独占欲の感情については私だって味わったことが何度もあるので、わざわざ説明を受ける必要などないと思います。

出会い系サイトを利用してセフレを募集するという行為について反感を持つ人がいるということをよく分かったうえで、それでもあえて私はセフレとの出会いを求めます。なぜそういう出会いを求めるのかといえば、単純にいろいろな女性とセックスしまくりたいからです。

私が出会い系サイトを利用している動機は、もう本当にそれしかありません。出会い系サイトを利用して、そこで知り合った女性とセックスしまくりたいというようなことを言えば、きっと私に対して反感を持つ人がいるだろうと思います。

しかしながら、私と同じようなことを考えて出会い系サイトを利用している人も、世の中にはきっとたくさんいるだろうと思うのです。出会い系サイトは誰でも簡単に男女の出会いを実現できるチャンスがあるというのがウリなのに、それほど高尚な目的をもって出会い系サイトを利用しているという人が多いとも思えません。

出会い系サイトを利用している究極の目的というものを突き詰めて考えれば、結局はみんな、異性のパートナーとセックスしまくりたいということに落ち着くのではないでしょうか。誰かとセックスしまくりたいと考えることはそれほど間違いではないと思いつつ、そういう願望をはっきりと口に出すといろいろとマズいことも多いみたいだ度いうことを、最近では特にしみじみと感じています。

出会い系サイトを利用しているとセフレを募集するチャンスがあるといわれますが、それはあくまで「チャンスがある」というだけの話であって、出会い系サイトを利用していると、希望者は誰だってセフレとの出会いを必ずゲットできるというわけではないようです。当たり前のことなのですが、出会い系サイトを利用して必死に頑張っていても、念願のセフレとの出会いを達成することはなかなかむつかしいと感じています。

まず、自分がセフレを募集しているなら、パートナーの女性も自分と同じようにセフレを募集している人でなければその出会いはうまくいきません。
出会い系サイトを利用していると確かに出会いのチャンス自体はすごく多いのですが、そのチャンスをうまくいかせるかどうかはまた別の問題なのです。
知り合った男女がそれぞれどういう出会いを求めているのかという部分が違えばその出会いはミスマッチということになってしまいます。

利用するサイトの種類によっても違うのでしょうが、私は個人的に、セフレを募集している女性は案外少ないのではないかと思いました。
欲求不満を解消するために出会い系サイトを利用している人妻などは、セフレを募集している男が相手でもオッケーといってくれるケースがあるみたいなのですが、私と同じくらいの二十代で若い女性ということになると、極端にセフレを募集する成功率が下がるように思いますね。

少なくとも、セフレを募集しているということをはっきりと相手に伝えるべきではありません。
そういう下心を知られてしまうと相手に悪い印象を与えてしまうので、十分に注意が必要です。

{ Comments are closed }