それは単純に、自分が幸せになりたいと考えた結果だと思うんですよね。例えば多くの女性にとって、一昔前までなら、誰か素敵な人と出会って結婚をすることが幸せになるための方法だといわれていました。結婚しているかしていないか、それは、幸せになるためのステータスだったのです。また、誰か素敵な人と出会って結婚ができたということは、要するに自分が持つ女としての価値が認めてもらえたという満足感ももちろんあったでしょう。

そして、いまでも結婚したいと望む人は大勢いるわけですが、男女ともに、結婚をすることの喜びとして考えられる要素には、やはり、愛する異性に認めてもらえる喜びというものがあると思います。もちろんそれは大きな喜びではあるのですが、さいきんでは少し価値観が変わってきて、結婚することが必ずしも幸せにつながるとは限らないというふうに考える人も増えてきているようです。

結婚生活って、本当にストレスが多いんですよね。やっぱり、家族ではない赤の他人とずっと生活し続けることって、ものすごい我慢を強いられるんです。結婚生活にずっと喜びを見出し続けることが難しいと分かると、結婚生活というものにあこがれを抱く人自体が減っているという状況も、間違いなくあります。

中高生の頃は結婚というものに対して漠然とした憧れを持っている女性でも、だんだんと年を重ねていろいろなことが分かってくると、大人になってから、結婚というものに対してそれほど憧れを抱かなくなるというケースがあるのも聞いたことがあります。

確かに、結婚したからといって必ずしも幸せになれるわけではないというのは事実です。もしも、結婚しただけで幸せになれるというのであれば、離婚する人がいるという事態について説明がつかないでしょう。しかも、日本の離婚率というものは世界的に見ても高いものなのです。まあ、いわゆる先進国の離婚率はどこもだいたい高いのですが。

結婚をするかしないかというのはもちろん個人の自由です。昔は経済力の問題から、女はとにかく結婚しなければ生活ができない、老後が心配だなんて言われたこともありましたが、いまでは、女性の社会進出が特に珍しいものではなくなって、本人が望めば、結婚後も仕事を続けることも昔ほどは難しくありません。まあ、パワハラに関連して、結婚したら仕事を辞めるのが当たり前、というかさっさとやめてくれというふうに圧力をかけられてしまうというような話もまれに聞きますが。

結婚したからといって幸せになれるかどうかは分からない、あくまでその選択は個人の自由だということで、昔よりも価値観に縛られず生きることができるようになったということ自体はいいのですが、しかしながら、人間の性欲というものが基本的に消えてなくなるということはありません。

結婚していてもしていなくても、誰だってセックスはしたいのです。これは本当に本能的な欲求なので、押さえることができないのは当たり前のことなのです。だからみんな、結婚していなくてもセフレとの関係は持つわけですよね。出会い系サイトというものが普及してから、大人になってからでも割と出会いのチャンスの拡大というものを実感できる人が増えて、セフレの募集もやりやすくなりました。

【出会系アプリ おすすめなら】